出来高請負サービスではメカトロニクス、エレクトロニクスなどの業界を中心に専門性と特有のノウハウによりお客様の環境に合わせた最適な請負化の御提案を致します。

MANUFACTURING_CONTRACT製造出来高請負サービス

出来高請負のメリット

製造出来高請負は製品1つ当たりの単価(出来高)で業務を請負います。
これまでの固定費(人件費)を流動費(外注費)として計上することが可能になり、
余計なコストは発生しないので確実なコストダウンの実現が可能です。

  • ファイルサーバ
  • 生産変動に伴った対価が可能。
  • アウトソ-サ-でのQCD管理が可能。
  • 請負推進による生産性向上、安全衛生の観点からの5S教育実施。

メカトロニクスでの導入実績

工作機械製造メーカー様への御提案

  • 少人数の派遣会社が多く、派遣法改正に伴い管理が大変になっている。
  • ⇒ アイズがファーストベンダーとして派遣会社の管理まで行う事が可能です。

  • 派遣社員の定着が悪く教育が大変。
  • ⇒ 請負化する事で教育はアイズにて行うので無駄を省く事ができます。

  • 正社員が煩雑な作業に工数を取られ、コアな業務の作業効率が悪い。
  • ⇒ 工程を分割させ煩雑な作業を請負化させる事で社員様はコア業務に集中し生産効率が上がります。

  • 部品供給がバラバラで製造部門で待ちが発生している。
  • ⇒ 簡易アッセンブリーを行った状態で製造部門へ出庫する事で待ち時間なく直ぐ製造に取り掛かれます。


エレクトロニクスでの導入実績

生産設備用受配電盤製造メーカー様への御提案

  • 電気知識を持っているエンジニアでは人件費がかかる為、製造費用を押さえたい。
  • ⇒ 請負会社としての社内教育ノウハウを活用し経験が浅いスタッフにも教育を行う事で人件費を抑える事ができます。

  • 生産数の波があり、請負化したくても業務量が一定にならない。
  • ⇒ 請負区画の業務以外でも手が空いた際に応援作業などフレキシブルな業務指示が可能で無駄がありません。

  • 納入後での仕様変更など簡単な改造作業があるが対応できるのか?
  • ⇒ 社内の生産工数を把握し、必要に応じて出張対応も可能です。